夫婦

幸せを感じられる物|ティファニーの結婚指輪で永遠の愛を

女性が愛する礼装

新郎新婦

求められる衣装

日本で挙式する花嫁の半数以上が、結婚式でウェディングドレスを着用します。平成の日本では西洋風の衣装を身に着けるのが普通になっていますから、多くの女性にとってウェディングドレスは身近なデザインの礼装なのです。またウェディングドレスは数多くの物語でプリンセスや貴族の象徴として用いられている衣装です。結婚式と言う花嫁が主役になれる一日に相応しい衣装であると言えます。ウェディングドレスは源流を遡れば純白のドレスではありません。多様な色を用いて作られるのが一般的なドレスでしたが、平成の日本では純白のウェディングドレスが最も好まれています。結婚式でカラードレスも身に着けたい場合はお色直しを取り入れると良いでしょう。

効率的なレンタル

結婚式で着用するウェディングドレスは、多くの場合レンタルサロンで用意します。このようなサロンに足を運ぶ際は品揃えを事前に調べておきましょう。サロンでドレスを選んでいるのは一組の新郎新婦だけではありませんので、お気に入りの一着を確実に借りるためにも品揃えの豊富な場所に足を運ぶことが大切です。また花嫁にとって理想とするウェディングドレスが見つかってもサイズが合わない場合があるでしょう。レンタルドレスサロンの中にはサイズ直しに応じてくれる場所がありますので、注目してみましょう。レンタルの他にもウェディングドレスはオーダーメイドで制作したり既製品を購入したりすることができます。オーダーメイドの場合、完成までのスケジュールに注意しましょう。